12月12日:チェンナイ到着、しかし深夜…





起床は早かったが、他の人はまだ寝ているし、自分もまた寝た。結局9時起床。バナナを3本食べて朝飯とした。その後はずっと上の寝台ですごした。歩き方や時刻表を見て時間を潰した。昼飯はエッグカレーRs70。美味い。これが約100円とは安すぎる。
その後は寝たり起きたりして、結局チェンナイに到着したのは夜11時半だった。出発に4時間、走行中に2時間遅れて、計6時間の遅れだった。当初の予定では夕方に到着して、すぐに駅から安宿街に移動するつもりだったが、予定が狂った。夜11時半に知らない街に出ていくには危険すぎる。9時ぐらいなら頑張って行ってみようかという気になるが、11時半は俺にとっては完全にアウトである。一晩を駅で過ごすことにした。
どこで寝るか、駅内をウロウロして回った。しかし、蒸し暑い。南インドに来たことを実感する。何か食べたい気分だったが、店は殆どが閉まっていた。
結局、有料のエアコン付き待合室があったのでそこで一晩過ごすことにした。7時間でRs150と安くはないが、周囲から隔離されているので安全だ。しかし、寒くてほとんど寝れなかった。
chennaieki
写真:チェンナイ駅で寝ている人々。待合室からガラス越しに撮影。


コメントを残す

このページの先頭へ